読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちは、kasiwakkumaです。

 

今日は、来週2017年3月5日に行われる

明治安田生命J1リーグの第2節、柏レイソルVSガンバ大阪のプレビューを

簡単に書きたいと思います。

 

対戦相手のガンバ大阪と言えば、キープレイヤーは遠藤選手ですよね。

遠藤選手は今年はダイヤモンド型の中盤の底、アンカーでプレーしていますね。

ただ遠藤選手はアンカーに入っても「ワイパー」のようなプレーはしません、

あくまでも攻撃の「起点」です。

 

柏レイソル側から見るとこちらの狙い目は遠藤選手の「両脇」ダイヤモンド型の

中盤のサイドの今野選手と井手口選手の裏ということになると思います。

このスペースを左サイドならクリスティアーノ選手と輪湖選手、

右サイドなら伊東選手と右サイドバックに入った選手、

この選手達でガンバ大阪の両サイドの裏のスペースを起点とする事が、

柏レイソルの攻撃のポイントとなると思います。

 

守備では、やはり遠藤選手のセットプレーが一番恐いですね。

去年の2ndステージのガンバ大阪戦では3対2と試合は勝ちましたが

遠藤選手のコーナーキックから1点取られてしまっていますよね。

遠藤選手はピンポイントで合わせて来ますのでゴール前で絶対に競り負けないこと。

これが守備面でのポイントになると思います。

 

素人の簡単な予想ですがこれがガンバ戦のプレビューです。

それではまた。

 

kasiwakkuma