こんにちは、kasiwakkumaです。

 

今日は、また『音楽』について。

2016年1月10日に亡くなった「デヴィッド・ボウイ」のことを

書きたいと思います。

今回はちょっと長くなりますが、最後までお付き合い下さい。

 

若い人は知らない方もいらっしゃるかもしれませんが、

昔はCDではなくレコードを聴く為の「ステレオ」というものがありました。

私は中学校2年生の時、お小遣いとお年玉を貯めたものでステレオを買おうと

思ったのですが、その時、「音はちょっと悪いが安いステレオ」と

「音は良いが高いステレオ」のどちらを買おうか悩んでいました。

すると私には兄弟がいるのですが、その兄弟が

「弟よ差額は私が出してあげるから高くて音の良い方のステレオを買いなさい。」

と言ってくれました。

 

私は兄弟に感謝して、「音の良い方のステレオ」を買い、レコード屋に走りました。

80年代の初めの頃みんなレコードを買う時は「ジャケ買い」といって、

今の様にネットで音楽を聴いてから、気に入った曲をダウンロードするのではなく、

レコードのジャケットがカッコいいレコードを買ってから、音楽を聴いていたのです。

 

私がジャケ買いで最初に選んだレコードがデヴィッド・ボウイ

スケアリー・モンスターズ」でした。

そのアルバムの中でも特に「アッシュズ・トゥ・アッシュズ」という曲が

好きになり今でもデヴィッド・ボウイの中で一番好きな曲です。

 

私にとってこのスケアリー・モンスターズというアルバムとの出会いは

特別なものであり、

私的にはデヴィッド・ボウイの音楽とは

スケアリー・モンスターズ以前、スケアリー・モンスターズ以後』

と言えます。

 

デヴィッド・ボウイのアルバムはスケアリー・モンスターズ以前の

イデアに溢れたコンセプト・アルバムと、

スケアリー・モンスターズ以後の

商業主義に走ってしまったアルバムとに別れます。

 

どうか、これからデヴィッド・ボウイのアルバムを聴いてみたいと

いう方は、スケアリー・モンスターズ以前の

スペイス・オディティ」ですとか

「ジギー・スターダスト」ですとか

「ダイアモンドの犬」などのアルバムを聴くことをお勧めします。

 

今ちょうど日本(の天王洲アイル)で、DAVID BOWIE is という

デヴィッド・ボウイの回顧展をやっていますね。

私も一度行って来たのですが、情報満載でとても楽しいですよ。

皆さんもお時間があったら、是非足を運んでみて下さい。

 

それではまた別のテーマで。

 

kasiwakkuma

 

こんばんは、kasiwakkumaです。

 

今日は、ACL予選リーグ、グループH第2節ガンバ大阪VS済州を見ての、

3月5日(日)の柏レイソルVSガンバ大阪戦のプレビューその2を、

簡単に書きたいと思います。

 

ガンバは甲府戦とはシステムを変えて5バック、3ボランチにして来ましたが、

これは長身FWのいる済州戦用の対策で、レイソル戦では

遠藤選手がアンカーのダイヤモンド型の中盤に戻して来るでしょう。

 

オフェンスではガンバのDF陣は「張る」FWはきちんとマークしますが、

2列目の飛び出しは捕まえられない傾向があるのでそこが狙い目だと思います。

 

ディフェンスでは倉田選手がフリーマンの様に自由を与えられているので、

どうやって捉まえるか、ディフェンス陣の連携に期待したいです。

 

簡単ですがこれが日曜日のガンバ大阪戦のプレビューその2です。

それではまた。

 

kasiwakkuma

 

こんにちは、kasiwakkumaです。

 

今日は、今まで書いた事のないテーマ『音楽』について書きたいと思います。

私は中学生時代から音楽を聴くようになり、ジャンルは

80年代洋楽から現代音楽まで浅く広く色々な音楽を聴くのですが。

 

とか書いていますけど、私の「ipod」に入っている曲はと言いますと、

サザンオールスターズの「栞のテーマ」とか、

Mr.Childrenの「CROSS ROAD」とか、

スピッツの「空も飛べるはず」とか言った、

きわめて大衆的な音楽を普段は聞いているのです。

 

そして今日、ASKAさんの曲をyoutubeで聴きました。

ASKAさんは著書の『700番』の中で「集団ストーカーに遭っている」

と告白されていますので、

同じ『集団ストーカー』に遭っている一般人として、

応援せずにはいられません。

 

さっそくASKAさんの音楽を勉強する為に、

ASKAさん個人名義での中古CDを1枚、

CHAGEASKAさん時代の中古CDを1枚、

それぞれ購入しましてASKAさんの音楽を

勉強させていただくことにしました。

 

ASKAさん、これからファンになりたいと思っています。」

「頑張って下さい。」

 

kasiwakkuma

こんにちは、kasiwakkumaです。

 

今日は、来週2017年3月5日に行われる

明治安田生命J1リーグの第2節、柏レイソルVSガンバ大阪のプレビューを

簡単に書きたいと思います。

 

対戦相手のガンバ大阪と言えば、キープレイヤーは遠藤選手ですよね。

遠藤選手は今年はダイヤモンド型の中盤の底、アンカーでプレーしていますね。

ただ遠藤選手はアンカーに入っても「ワイパー」のようなプレーはしません、

あくまでも攻撃の「起点」です。

 

柏レイソル側から見るとこちらの狙い目は遠藤選手の「両脇」ダイヤモンド型の

中盤のサイドの今野選手と井手口選手の裏ということになると思います。

このスペースを左サイドならクリスティアーノ選手と輪湖選手、

右サイドなら伊東選手と右サイドバックに入った選手、

この選手達でガンバ大阪の両サイドの裏のスペースを起点とする事が、

柏レイソルの攻撃のポイントとなると思います。

 

守備では、やはり遠藤選手のセットプレーが一番恐いですね。

去年の2ndステージのガンバ大阪戦では3対2と試合は勝ちましたが

遠藤選手のコーナーキックから1点取られてしまっていますよね。

遠藤選手はピンポイントで合わせて来ますのでゴール前で絶対に競り負けないこと。

これが守備面でのポイントになると思います。

 

素人の簡単な予想ですがこれがガンバ戦のプレビューです。

それではまた。

 

kasiwakkuma

 

おはようございます、kasiwakkumaです。

 

今日も昨日に引き続き『集団ストーカー』について書きたいと思います。

 

私が『集団ストーカー』をされて受けるようになった被害の一つに、

『住居侵入』があります。

 

一般の方は信じられないかもしれませんが、

私は『住居侵入』を両隣と上階の主婦にやられています。

 

どんな被害が過去にあったかと言いますと、

 

1、「トイレの便座カバーを盗まれる」

2、「台所の布巾掛けのバーを折られる」

3、「カバンの中に血のついた生理用品を入れられる」

 

などです。

 

他には夜寝て朝起きると枕元に香典袋が置いてあったり。

押し入れにしまっておいた家の権利書が机の上に置いてあったりしました。

 

家の中の物を移動させられることもよくします。

 

だいたい『住居侵入』でやられることはそれくらいです。

 

また少しづつ『集団ストーカー』の被害について書いて行きたいと思います。

 

 

kasiwakkuma

 

こんばんは、kasiwakkumaです。

 

今日はこのブログのサッカーともう一つのテーマである、

『集団ストーカー』について書いてみます。

 

この『集団ストーカー』の被害に遭っている人は、

私以外にも日本中に何百人以上いて、

信じられないようなハイテクノロジーを使った犯罪の被害に遭っている方も

いらっしゃるみたいですが、

 

私が現在被害を受けている『集団ストーカー』は非常にローテクノロジーなものです。

加害者側の首謀者の目的は、私を『キレさせる』事です。

 

私が現在どんな被害を受けているかと言うと、

 

1、すれ違い様に「軽く」肩をぶつかられる。

2、ぶつかりそうな寸前で目の前を横切られる。

3、順番待ちの列に並ぼうとすると横から割り込まれる。

 

といった一般の人でも時々遭うちょっとイラっとする事です。

 

私の場合、外出するとこれを一日に数十回やられます。

そして私がイライラしてしまい周りの人達に「暴力」を振るわせるのが、

首謀者の目的です。

 

私がキレて街中を歩いている人にいきなり「暴力」を振るってしまったら、

警察を使って私を逮捕させる事が出来ますよね。

別の手としては歌手のASKAさんの様に私が「強制入院」させられるかもしれません。

 

こうして加害者達は何もしていないのに

私が頭がおかしくて暴れて「逮捕」もしくは「強制入院」させられた。

これが加害者側の首謀者のシナリオなのです。

 

これ以外にも『住居侵入』などといった被害も受けていますが、

それについてはまた改めて書かせていただきます。

最後まで読んでいただいた方ありがとうございました。

 

kasiwakkuma

 

 

こんにちは、kasiwakkumaです。

今日は、明日2017年2月25日(土)に行われる

明治安田生命J1リーグの開幕戦、サガン鳥栖VS柏レイソル戦のプレビューを

簡単に書きたいと思います。

 

私は鈴木潤さんやエルゴラのライターさんのように試合全体の戦術までは

解りませんが、

サガン鳥栖というチームは一昨年の森下仁志監督の時も、

昨年のマッシモ・フィッティガンティに監督が替わってからも、

イザという時はGKやDFラインからFWの豊田陽平選手をターゲットに蹴って来る

という事は変わっていません。

 

対する柏レイソルはというと去年のシーズンを見て気付くのは、

相手のエースフォワードには中谷進之介君がマークに付くことが多いという事です。

私が試合のポイントとなると思うのは中谷君が豊田選手とマッチアップして

絶対に負けてはいけないという事です。

 

中谷君ともう一人のセンターバックである中山雄太君が豊田選手へのロングボールを

完全に抑える事。

これが明日の柏レイソルの勝利のポイントと考えています。

 

kasiwakkuma