こんにちはkasiwakkumaです。

 

ブログを書く事は最近忘れていましたが、

たくろー@reysorukatさんからいいアイデアを頂いたので、

久し振りに書いてみる事にしました。

 

テーマは明日からの EAFF E-1 サッカー選手権でA代表デビューを

果たすであろう、中村航輔君のセーブについてです。

 

元ネタはⓇtassiy@tassiy1974さんがブログでまとめてくれている、

「2017年DAZN週間セーブまとめ」から中村航輔君のセーブに

ついてだけまとめてみました。

 

中村航輔君がDAZN週間ベスト5セーブのJ1第一位に選ばれたのは

今年J1のGKの中で最多の5回。

中村航輔君がDAZNの週間ベストセーブの第一位に選ばれた節に

対戦相手のGKがベスト5の中に選ばれた事はありません。

 

中村航輔君がベストセーブの第一位に選ばれた節は、

J1第5節 柏VSサンフレッチェ広島(アウェー) 2-0で勝利

J1第9節 柏VSアルビレックス新潟 1-0で勝利

J1第10節 柏VSセレッソ大阪 1-0で勝利

J1第14節 柏VS浦和レッズ 1-0で勝利

J1第34節 柏VSサンフレッチェ広島(ホーム) 1-0で勝利

 

という訳で中村航輔君がベストセーブの第一位に選ばれた節は

5試合全てで完封勝利をしています。

 

少ないデータですが、やはり2017シーズンはレイソルの勝利に 

中村航輔君のビックセーブが大きく貢献したと言わざるを得ない
でしょうね。

 

ただサッカー経験の無い素人の私でも、中村航輔君に注文もあります。

ハイボールの処理の不安定さは多くの方から指摘されていて、

本人も日々研鑽を積んでいる最中だと思いますが。

もう1点、

中村航輔君は相手のフリーキックの時に、左右のどちらかにヤマを張って

しまい、キッカーが蹴る前に動いてしまう事があります。

PKの時にはキッカーがどこに蹴るか見極めてから反応しているので、

フリーキックの時もヤマを張らずにどこに蹴って来るか見極めてから

反応する様にして欲しいのです。

 

私の様な素人ではなく、経験者でアドバイスをくれる人は何人も

いるでしょうから、いずれ修正される点だとは思っていますが。

 

未経験者の私の意見は重要ではないので、これくらいにして、明日の

こんにちは、kasiwakkumaです。

 

今日は久しぶりに、7月8日(土)に行われる。

明治安田生命J1リーグ第18節、セレッソ大阪VS柏レイソル戦の

プレビューを書きたいと思います。

 

現在J1リーグ1位のセレッソ大阪は、

全員攻撃、全員守備のチームです。

 

セレッソは守備時には前線の4人の選手もDFラインの前まで

戻って守備をし、攻撃時には1トップ3シャドーの選手が

相手のペナルティエリアの中まで侵入して来ます。

 

対するレイソルは守備時には前線の選手がプレスをかけて

守備をし、攻撃はDFラインの選手がパスを繋いで組み立てる

今のスタイルを変えないでしょう。

 

Jリーグのクラブ別平均走行距離ランキングでは、

セレッソ大阪柏レイソルが6位と7位ですが、

私的にはこの2チームが今のJリーグ

一番効果的に走れる2チームだと思っています。

 

後半には必ずスタミナ切れは起きるでしょうが、

交替選手も含めて選手全員が90分+ロスタイム

セレッソの選手に走り負けない事。

これが今回の試合の勝利のポイントだと私は思います。

 

具体的な戦術まで詳しく踏み込めませんでしたが、

これが今回の首位決戦の私のプレビューです。

 

kasiwakkuma

こんばんは、kasiwakkumaです。

しばらくブログを書いていませんでした。

 

今回は私のサッカー観戦のスタイル、

と今後の目標について書いてみたいと思います。

 

私はサッカーファンの中ではライトでミーハーな

ファンであり、1年間にスタジアムに行く回数も

非常に少ないです。

 

Jリーグが取った観戦データによりますと、

2015シーズンで、一年間にスタジアムに行った回数が

17回以上ある人が全観戦者の内40%近くもいるそうで。

 

一年間に17回もスタジアムに行くなんて、

私から見れば「超人」です。

 

それでは私の最近の観戦実績の一覧を

書いてみたいと思います。

何回も引っ越していますので、10年以上前になると

チケットが残っていない為判りません。

 

それでは

2006年 → 3試合

2007年 → 2試合

2008年 → 親戚が入院した為、お見舞いの方が大事で

       サッカーは1試合も見れず。

2009年 → 2試合

2010年 → 集団ストーカーを激しくやられていた為、

       引き籠っていてサッカーは見に行けず。

2011年 → 1試合

2012年 → 1試合

2013年 → 4試合

2014年 → 9試合

2015年 → 8試合

2016年 → 1試合

2017年 → 今のところ1試合

 

ということで、私が非常にライトなファン

という事が解って頂けると思います。

 

平日仕事をきちんとしていて、

週末にサッカーの試合をハシゴする、

なんていう人は私から見れば『超人』です。

 

私はそんなに体力も精神力も強くありません。

私の目標は年間に10試合スタジアムに行く事です。

 

こんなライトでミーハーなファンの私でもJリーグ

見たいんです!

Jリーグさん、各クラブのフロントさん、ライトサポにも

サッカーが楽しめる環境を提供して下さい!

 

それではまた別のテーマで。

 

kasiwakkuma

 

 

 

       

 

おはようございます、kasiwakkumaです。

 

今回は、私の20代前半のサッカー観戦の思い出、

「大学サッカー観戦」、「東海大学澤登正朗さん」のこと

を書きたいと思います。

 

澤登正朗さんは高校時代に、

冬のサッカー選手権で優勝されていて、

スター選手でしたので、その澤登さんがいた

東海大学の試合を見に、西が丘サッカー場とかに行っていました。

 

当時の東海大学は、サッカー部の全盛期で

澤登さんの他にも、全力で走っているFWの

足元にピンポイントでパスを出せる礒貝洋光さんとか、

もの凄い運動量でよく走る加藤望さんとか、

その他にもとても上手い選手がいっぱいいたのですが。

 

私が澤登正朗さんに魅せられたのは、

常に安定したパフォーマンスを見せるメンタル。

 

澤登さんは今日はいい日、今日は悪い日といった、

好不調の波が大学時代から殆どないのです。

常に安定していつも良いプレーを見せてくれるのです。

 

澤登さんはプロ入り後も、

清水エスパルスでのナビスコカップ優勝や

1999年のJリーグチャンピオンシップでの

ジュビロ磐田戦の感動的なフリーキックでの得点など、

清水エスパルスでも安定した高パフォーマンスを

見せ続けてくれましたよね。

 

私的予想では、最近Jリーグがいい感じに盛り上がって

来ているここ数年のうちに、澤登さんはJリーグ

監督にデビューするのではないかと思っています。

 

最近いい感じに盛り上がって来ているJリーグと共に、

澤登正朗さんをこれからもずっと応援して行きたいと思っています。

 

kasiwakkuma

 

 

 

 

 

こんにちは、kasiwakkumaです。

 

今日は、私にしては珍しく「海外サッカー観戦」のこと

を書きたいと思います。

 

私は生涯で一度だけ、25年以上前にイタリアにサッカー観戦に

行った事があります。(このブログを読んでいる方の多くの人は

もっと何度も(何十回も?)海外に行った事があるんでしょうけどね。)

 

私がイタリアにサッカー観戦に行った理由は当時「ACミラン」にいた

「オランダトリオ」(フリットファンバステンライカールト)を

生で観たかったからです。(特にファンバステンのファンでした。)

 

もうスコアが何対何だったか覚えていないのですが、

私がイタリアで観たカードは「ACミランVSアタランタ」でした。

(フリットは膝の怪我の為、出場せず。)

 

ただ、『オランダトリオ』を目当てに観に行ったのですが、

私に『強烈な印象』を残したのはアタランタのFWの

クラウディオ・カニーヒア』のスピード!

 

自軍のDFのクリアボールに反応して相手DFラインをぶっちぎって

ミランのGKと1対1に持って行ったスピードを見たのですが、

あんな早い動き出し今まで見た事がありません!

 

「ブラジルのライバルの国のFWはこんなにスゲーのか!」

と驚いた事を今でも覚えています。

 

サッカー好きの若い方は、海外にサッカーを観に

何十回も行った事がある方もいっぱいいらっしゃるでしょうが、

学生さんでこれから社会人や大学に行く方は、

お金が貯まったら、一度くらい海外に行ってみると楽しいですよ。

 

私はミラノでサッカーを見てローマとフィレンツェを観光して

来た(たったの1週間)のですがとても楽しい旅でした。

 

今、ヨーロッパのサッカーツアーを、いろんな旅行代理店で

30万円くらいで1週間、自分の観たいクラブの試合を見て

観光もしてこれますね。

 

特にサッカー好きの方は、一生に一度くらい、(好きな方は何度でも)

海外にサッカー観戦兼観光の旅をしてみるのも

楽しいんじゃないでしょうか。

 

それではまた別のテーマで。

 

kasiwakkuma

 

 

こんにちは、kasiwakkumaです。

 

しばらくブログを更新していませんでした。

今回はまた「音楽」について、私の好きな「大沢誉志幸」さん

のことを書きたいと思います。

 

私が大沢誉志幸さんを聴くようになった切っ掛けは「口コミ」です。

高校生の時、高校の卒業旅行に一緒に行ったクラスメイトから、

大沢誉志幸はいいぞ」「聞いてみろ」と言われて、

専門学校時代から聴くようになり、好きになっていった訳です。

 

私が音楽を聴いていた高校生当時、今の様にネットで試聴する事が

出来ない時代でしたので、音楽を聞くのは全て「口コミ」でした。

友達に「このアルバムいいから聞いてみろ」と言われて、

アルバムを聴いていたりしたのです。

 

その「大沢誉志幸のアルバム」を勧めてくれた友人とは

10年以上前に総武線の車両の中で再会して、近況を聞いてみると、

今、銀行に就職していて管理職をしているとの事で、

当時、通信工事関係の会社を転々としていた自分とは随分差がついちゃったな

なんて……

 

話を戻しますと大沢誉志幸さんのアルバムの中で一番好きなアルバムは

「naïve」というアルバムです。

そのアルバムのなかの表題曲「naïve」という曲が、

私は大沢誉志幸さんの中で一番好きな曲です。

その他にも「パリ行405便」という曲も好きです。

 

大沢誉志幸さんと言いますと、「シリアス バーバリアン」、

「シリアス バーバリアンⅡ」、「楽園」、の

シリアス バーバリアン三部作が有名ですね。

 

ただ、私は大沢誉志幸さんのアルバムで一番のお勧めは「naïve」です。

もう古いCDなのでAmazonでも安く売っていますので、

是非、一度聞いてみて下さい。

 

それではまた。

 

kasiwakkuma

 

おはようございます、kasiwakkumaです。

 

今回は2017年3月18日(土)に行われる、

明治安田生命J1リーグの第4節、柏レイソルVSベガルタ仙台戦のプレビューを

書く事を断念しました(笑)。

 

昨日のルヴァンカップの第1節を見ても思ったんですが、私はサッカーの

戦術の事とかよく解っていません。

ので今回は試合前の予想とか偉そうに書かずに、自分の書きたい事を

書く事にしました。

 

あと、私のブログは写真の付いたカッコいいオシャレなブログではありません!

写真の付いた、サッカー系の超オシャレなブログとかが見たい人は、

ゴンタローさんの名古屋ローリングサンダーを見に行って下さい!

私のブログはテキストオンリーです!

 

さて、今回私が何を言いたいかというとベガルタ仙台戦という事で、

今年、柏レイソルからベガルタ仙台に移籍した

増嶋竜也くんのプレーが見たい!」という事です。

 

契約によりますと、増嶋君は期限付き移籍の為、柏レイソル戦には

出場出来ない契約になっているという事ですが、

そういう難しい契約とかは私には解りません。

 

柏レイソルさんはレイソル戦にも増嶋君を出場出来るように、

契約を変更してやって下さい。

増嶋君は最近、あまり試合に出ていないと聞きますが、

渡邉晋監督はレイソル戦では増嶋君をスタメンで使って下さい。

 

何故私がこんなにも増嶋竜也くんに入れ込むかと言いますと、

増嶋君と、「増嶋君の超美人な奥さん」は

インターネットをやっているサッカー好きな我々に、

1回ずつ『強烈なインパクト』を残してくれているからです。

あのお二人の、ネットでの『強烈なインパクト』は忘れる事が出来ません!

 

という事で今回私が言いたい事は、

「増嶋君のプレーが見たい!見たい!見たいよー!!」

ということです。

 

以上、私が仙台戦に向けて書きたかった事です。

 

kasiwakkuma